ほんとう?ライオンの「買い替え」ならこのお店 2017年度

トーリー1987年!日本人医師・航一郎(大沢たかお)は!大学病院からケニアの研究施設に派遣される。しかし!それは恋人との長い別れも意味していた。日本映画も!このような表現ができるのですね。

3月30日 オススメ商品!

2017年03月30日 ランキング上位商品↑

ライオン風に立つライオン [ 真木よう子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

理想を胸に研究と臨床の充実した日々を送っていた航一郎は半年後!現地の赤十字病院から1か月の派遣要請を受ける。とても良かったです。彼は銃傷よりも!両親を目の前で惨殺され!麻薬でかき消された心の傷が甚大だった── 航一郎は!そんな彼の心の闇に真正面から向かっていくのだが・・・映画館でも観ました。三池監督作品も、毎回ド派手なアクションばかり目立ちますが、細かいこだわりも多く、素晴らしいさくひんでした。 病院では、新たにスタッフとなった日本人看護師・和歌子(石原さとみ)と出会う。アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーの自伝に感銘を受け医師を志した航一郎にとって、それは願ってもいないチャンスだった。ストーリーもさることながら!さだまさしさんの歌が何とも言えず感動しました。航一郎と和歌子は時折ぶつかりあいながらも互いに同志として認め合っていく。父の跡を継ぎ、女医として離島医療に従事する貴子(真木よう子)を遠く日本に残さなければならなかったのだ。物見遊山のつもりで赴いた彼は、重傷を負って次々と運ばれてくる少年が、みな麻薬を注射され戦場に立たされた少年兵である事実に愕然としながらも、この病院への転籍を志願する。。ある意味、現実を抜粋し過ぎといった感じで現地の人との関係の深さや、石原さとみが演じた看護師とのやり取りが浅く少なく、期待外れの印象です。多くのDVD作品を拝見しますが、お勧めの一本として間違いなく加わりました。そんなある日!病院に少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれる。